ホーム >> Google AdWordsサポートサービスについて

AdWords について

オンライン広告と AdWords について

AdWords は Google が提供する広告プログラムです。Google の検索ページや広告ネットワークに広告を掲載して、検索中のユーザーにアピールできます。商品やサービスに関連する情報をユーザーが探しているタイミングでアプローチできるため、とても効果的です。料金は、クリック数に応じてお支払いいただきます。広告キャンペーンの種類によって、表示回数、コンバージョン数によるお支払いもご利用可能です。

広告の掲載が開始すると、掲載結果データが提供されます。AdWords アカウントの管理を広告代理店などに依頼している場合は、代理業者がデータを確認できるシステムになっています。AdWords の掲載結果データは精度が高く、広告の投資収益率を正確に把握できます。AdWords のサポート業者は、このデータに基づいてアカウントの投資収益率が最大となるように設定を調整することが可能です。

AdWords では、Google 検索のみならず、Google の広告ネットワークに幅広く広告を掲載できます。YouTube を始めとする、多種多様なサイト(「Ads by Google」と表示されるサイトです)での広告機会があります。また、イメージ広告や動画広告など、様々な広告フォーマットをご利用いただけます。

Google 認定パートナー

AdWords を最大限に活用できればビジネスの成功につながる可能性も高まります。しかし、AdWords アカウントの作成や定期的な管理のために時間と労力を確保できないケースは多くあります。専門家のサポートが必要な場合もあるでしょう。

このような場合は、Google の認定パートナーにお任せください。オンライン広告のサポートを提供する業者には、大手広告代理店から個人のコンサルタントまで数多くあります。そこで、サポート業者の選択にあたり基準にするとよいのが認定資格です。Google ではパートナー企業に対して認定資格プログラムを設けております。試験に合格して資格を取得した認定パートナーには、証しとしてウェブサイトでの認定ロゴの掲載が認められます。最も一般的なロゴは、Google AdWords 認定パートナーと Google AdWords 認定リセラーの 2 つです。ロゴのデザインと Google 認定パートナー プログラムの詳細については、こちらをご覧ください。

認定パートナーであるかどうかは認定ロゴを確認すると一目瞭然です。確認には、サポート業者のウェブサイトに掲載されているロゴをクリックします。認定資格を取得している場合は、Google のサイトにあるプロフィール ページが表示されます。

Google 認定パートナーのご利用にあたり

Google 認定パートナーによる AdWords のサポート サービスを利用すると、貴重なお時間と労力を節約できます。ご利用にあたっては、自らも積極的に関わることで最大限の効果が期待できます。手間のかかる業務は任せつつ、必要な情報は必ず確認してください。広告キャンペーンの状況を常に把握することも大切です。

通常、サポート サービスには、広告費用と別に料金がかかります。AdWords アカウントの管理、レポートの提供、質問の回答、広告キャンペーンの最適化など、サポート業務に対してお支払いいただくものです。実際の広告費用だけでなく、AdWords にかかる費用が全体でいくらになるのかは、広告主様にとって重要なポイントといえます。投資収益率の計算にも、サポート料を含む合計費用を使用すると本来の評価がわかります。

サポート サービスご利用時のヒント

1. 厳選する
サポート業者を選ぶ際は、認定パートナーまたは認定リセラーのロゴをウェブサイトに掲載している企業を探します。Google パートナー検索では、認定資格の有無を確認できます。もちろん、認定パートナーの検索もできます。パートナー選びのポイントとして契約期間も重要です。必ず確認して問題がないかどうか検討します。他にも次の点などを考慮します。

  • ビジネス分野が同じ広告キャンペーンのサポート経験があるかどうか
  • 予算や対象ユーザーが同じような広告キャンペーンのサポート経験があるかどうか
  • AdWords に関するサポートのほかに提供しているサービス

2. サポート業者を 1 つに絞る
同時に複数のサポート業者に依頼することは避けます。比較したい場合は、順番に利用して成果を比べてください。Google の検索結果ページには広告主様ごとに 1 つの広告しか表示されません。つまり、同時に比較しても公平な結果が得られないためです。

3. 自ら学ぶ
AdWords のすべてを詳しく理解するには時間がかかりますが、基本事項を理解するにはそれほど時間はかかりません。下の「AdWords の基本」セクションや AdWords のヘルプセンター(adwords.google.com/support/aw/?hl=jp)をご覧ください。これにより、サポート業者との共同作業もスムーズに進みます。

4. 専門家の意見を信頼する
AdWords アカウントのサポート経験を数多く積んでいる認定パートナーであれば、AdWords に関する専門知識を身につけていると考えられます。宣伝する商品やサービスごとの広告費用の相場、効果が期待できないキーワードなど、提案の多くは経験に基づくものと判断されます。

5. 掲載結果を評価する
ブランドの認知度向上に重点を置いている場合を除き、AdWords で最も重要なことは広告の費用対効果(新規来客数など)です。投資した費用とその効果を毎月分析することをおすすめします。

注意すべき点

Google では、広告主様に AdWords を心地よくご利用いただけることを願っております。Google の認定パートナーとの間で問題がある場合は、Google までご連絡ください。なお、まずは認定パートナーと相談して問題を解決いただけるようお願いいたします。

Google の認定パートナーは、広告主様の利益を常に最優先としております。Google からも高い信頼を寄せている企業ばかりです。ただ残念なことに、そうではないケースが見られることもあります。次のような場合は、Google までご報告いただけるようお願いいたします。

  • AdWords の費用や掲載結果を知らせてくれない。広告主様には最低限でも、AdWords における広告のクリック数、表示回数、費用を知る権利があります。
  • 広告の掲載位置や順位を保証する。Google の検索結果ページでの広告の掲載順位を保証することは不可能です。AdWords 広告の掲載順位はオークション方式で決定され、検索が行われるたびに動的に変化します。希望するプレースメントに広告が掲載された場合にのみ料金を請求するというサポート業者もいるかもしれませんが、掲載順位を保証することは(キーワードが検索されるたびに最上位に掲載するなど)、AdWords の仕組みを偽って伝えていることになります。
  • Google の者だと主張する。名前を尋ね、google.com のメール アドレスからメールを送るよう頼みます。確信が持てない場合は、そのメールを上記のアドレスまで転送してください。
  • 嫌がらせや強引な勧誘を行い契約を迫る。Google の通常の検索結果から第三者が勝手にウェブサイトの情報を削除することはできません。Google の検索結果ページに載せないようにするといった脅しがあった場合、本当ではありませんのでご安心ください。
  • 料金体系を偽る。契約どおりに広告予算を使わないサポート業者もあるため、契約書の正式な写しを保管するようにしてください。
  • AdWords が通常の検索結果のランキングに影響すると主張する。AdWords の利用が、Google の通常の検索結果のランキングに影響することは一切ありません。AdWords と Google 検索は完全に独立したサービスです。

AdWords の基本

  • キーワード: 広告主様が設定する言葉やフレーズです。このキーワードが Google 検索で検索されると、検索結果の横または上に広告が表示されます。
  • クリック数: 広告がクリックされた回数です。表示回数: 広告が表示された回数です。
  • クリック率(CTR): クリック数を表示回数で割ったパーセント値です。クリック率が高いと、平均掲載順位も上がります。
  • 平均掲載順位: 広告の掲載順位の平均です。一般的に平均掲載順位が 1~8 位の場合、広告は検索結果ページの 1 ページ目に表示されています。
  • 費用: AdWords の合計費用です。
  • コンバージョン: 広告により得られた成果(電話での問い合わせ、販売促進、購入など)です。広告掲載の成果を評価する指標としてよく使用されます。

免責条項
ご報告について個別に返信できない場合がありますが、あらかじめご了承いただけるようお願いいたします。ご報告内容につきましては、調査のうえ、適切な対応を取らせていただきます。AdWords アカウントについてご不明な点がある場合は、AdWords ヘルプセンターをご覧ください。

ページのトップへ戻る